リスティング広告とLPの関係性とは?香川でおすすめの運用相談先もご紹介

リスティング広告とは

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に応じて表示されるテキスト広告のことです。

クリック課金型の広告(PPC広告)で、リスティング広告の掲載にかかる費用は「クリック単価×クリック数」で計算することができます。

LPとは

LPとはリスティング広告や検索結果を経由してユーザーが最初にアクセスするページのことです。

LPは縦長の1ページであることが多く、ユーザーの心理を分析して「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などの行動を促すようなレイアウトで構成されています。

リスティング広告LPの関係性とは

ユーザーがリスティング広告を目に留め、クリックすると表示されるページとしてよく使用されるのがLPです。

リスティング広告はユーザーに自分の売りたい商品やサービスをアピールし、問い合わせや購入をしてもらうことを最終的な目的としているため、そのための情報提供と成約への誘導の役割を果たしているのがLPだと言えるでしょう。

リスティング広告を出稿したら必ずLP制作する必要があるということではありませんが、次のような場合LPがあるのは有効です。

・リンク先として使用できる既存のWebサイトがない場合

・既存のWebサイトとは異なる訴求を行いたい場合

・いくつかの訴求方法を試したい場合

・指名検索(ユーザーが特定の商品・サービス名で検索すること)される可能性が高い場合

・期間限定のキャンペーンを行いたい場合

香川でリスティング広告LP制作や運用について相談したいなら?

香川でリスティング広告LPについて相談したいなら、「香川県Web集客NO.1セミナー」への参加をおすすめします。

リスティング広告LPについて知識がなくても、基本から最新の手法まで全5回のセミナーを通じて学ぶことができるのです。

また担当の藤井悠平講師自身も香川県高松市でビジネスを展開しているため、香川という土地柄に合ったリスティング広告の運用やLP制作の方法をお伝えすることができます。

リスティング広告LPに興味を持った方は、ぜひ「香川県Web集客NO.1セミナー」に参加をご検討ください。

「香川県Web集客NO.1セミナー」講座内容ページ

まとめ

リスティング広告LPの関係を整理すると、リスティング広告をクリックした時のリンク先がLPであることが多く、ユーザーにとって必要な情報提供と成約への誘導の役割を果たしていることがわかりました。

リスティング広告LPを効果的に活用して、広くユーザーに自分の売りたい商品やサービスをPRしてみてください。

関連記事

  1. バンパー広告とは?香川で運用するメリットとおすすめの相談先もご紹介

  2. 香川でリスティング広告を運用するメリットとは?おすすめの運用相談先もご…

  3. 【9月29日】3ヶ月ネット集客マスター講座開催

  4. 香川でWeb集客を相談するなら?おすすめのセミナーもご紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA